カウチンセーターはカナダ発祥のアイテム!レディースも人気で手編みは編み図を参考に!

カウチンセーターとは、カナダの先住民カウチン族が発祥の
防寒、防水性のあるセーターのことです。

カナディアンニット、カウチンニットとも呼ばれています。

 

トナカイや鷲など、かまり細かい模様ですが、案外手編み
作っている方も多く、編み図もインターネットなどで公開されています。

カウチンセーターはメンズが多いのですが、
レディースのカウチンセーターもありますよ。

スポンサーリンク

カウチンセーターの発祥はカナダ

カウチンセーターとは、カナダの先住民族カウチン族が
編んだ伝統的なセーターです。

 

カウチンセーターの特徴としては、

カウチンセーターはカナダ発祥のアイテム!レディースも人気で手編みは編み図を参考に!

 

 自然なままの色合い

カウチンセーターの特色は、原材料の未脱脂、未脱色です。
つまり、白も真っ白ではなくアイボリーがかった白です。
茶色は茶色の羊毛、黒は黒の羊毛を使って編んでいます。

また、羊毛と杉の皮繊維を混ぜて編むこともあります。
決して染色はしていませんので、赤や緑のカウチンセーターはありません。

 

⇒ タータンチェックも流行ってますね!

 

 編まれている絵柄は伝統的なもの

カウチンセーターの特色のもう1つは、狩猟民族であった
カウチン族の生活様式を描かれていることです。

代表的な絵柄は、カウチン族が住んでいたカナダ
バンクーバーで身近な動物や植物。
トナカイ、杉、雪の結晶などがそれに当たります。

 

最近になって、メイプル模様やクマなどの模様が
カウチンセーターに取り入れられるようになりました。

これは、カナダという国から連想されるモチーフだからで、
カウチン族にとってはそれほど馴染みのないものです。

カウチンセーター カナダ

 

 ヘチマ襟のカーディガンタイプがスタンダード

カウチンセーターは基本的に前開きのカーディガンタイプで、
最近になってジッパーが付けられるようになりました。

ブランドによっては、ベスト型のカウチンセーターもあります。

 

 毛糸は手で紡がれたもの

カウチンセーターのぼこぼことした不均一な仕上がりは、
手作業で紡がれた証拠で、素朴な味わいです。

最近のブランドが発売しているカウチンセーターは、
当然ですが機械化されているので、伝統的なカウチンセーターよりも
均等な肌触りとなっています。

 

 

 

手編みのカウチンセーターの編み図もあります

カウチンセーターは、アパレルブランドか、カナダの伝統的な
工房でしか作られない、と思ったら大間違い。

スポンサーリンク

 

編み物好きさんたちは、結構カウチンセーターを
手編みしているのですね。

 

シンプルな編み図から、かなり細かいデザインまで、
インターネットを検索すればたくさんの編み図が公開されています。

 

無地のセーターをまず編んでから、雪の結晶やトナカイを
編み込んでいる手編みのカウチンセーターもあります。

 

どの道、編み物の初めてさんはいきなりは難しいかもしれませんので、
手編みのカウチンセーターにこだわる場合は
既成のセーターやベストで好きな模様の編み図を探し、
編み込むことから始めることをおすすめします。

カウチンセーター 手編み 編み図

 

色は、茶色やアイボリーなど、自然な色合いで編むと
よりカウチンセーターらしくなりますよ。

 

 

カウチンセーターはレディースもあります

カウチンセーターは、メンズのイメージが強いですが
レディースのカウチンセーターももちろんあります。

 

色合いはカウチンセーターの特色である自然色で華やかさは
ありませんが、温かみのあるデザインと、
他のニットとの組み合わせで充分に可愛い着こなしができます。

カウチンセーター レディース

 

ですがレディースのニット、ということでカウチンセーター風と
銘打ってかなり色鮮やかなレディースニット服が出回っていますね。

 

厳密に言えば、化学繊維でかつ色が真っ赤だったり、
真っ青だったりする服はカウチンセーターとは言いませんが
細かいことは言わずに冬のファッションを楽しみましょう。

⇒ タータンチェックも流行ってますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ