衣替え時期と収納のコツとは?イラストで学ぶ

衣替えの時期って具体的にいつ
なのでしょうか?

収納のコツは、イラストや画像を
参照にしてみましょう。

スポンサーリンク


衣替えの時期はいつがベスト?

衣替えの時期はいつなのでしょうか?

制服がある学校や会社の場合は、
衣替えの時期は指定されていますよね。

スクリーンショット 2016-05-24 0.26.24

問題は時期の指定のない場合です。
はっきりとこの時期、というのは
ありませんが、季節の変わり目に
衣替えを意識すると良いでしょう。

制服の衣替えの時期を参考にし、
少し暑い、または寒いという程度の
服装に。

 

外出先で簡単に調節ができる服装がベスト。

夏の衣替えの時期は5月下旬から
6月上旬、冬の衣替えの時期は
10月上旬、天気が良く湿気の
少ない日がおすすめです。

 

家にある服も、もう着ない、サイズ
アウトした服を中心に処分または
収納し、夏は冬の服、冬は逆に夏の
服を1、2着残します。

古い服のついでにいらない物を
処分して家をすっきりさせるのに
丁度よい時期でもありますね。

 

そして必要な服を出すか買い足して
徐々に季節に合わせたタンスに
していきましょう。

 

衣替えの収納のコツは?

衣替えで重要なのは収納。

季節外れの服とシーズンの服を
入れ替え、きちんと収納する
必要がありますね。

スクリーンショット 2016-05-24 0.26.04

コツはタンス、クローゼットなど
など収納がパンパンになるまで
入れないこと。

どこに何があるかすぐわかり、
すぐ取り出せるようにすること。

 

とは分かっていても、なかなか
実行できませんよね。

ハンガーにかける服、引き出しや
ケースにしまっておく服、下着や
靴下などの小物などと分け、ぱっと
見てすぐにどの服か分かる程度の
数を収納しておきましょう。

 

逆を言えば、収納しきれない数の
服は持つべきではないということです。

収納の8割程度が最適とされています。

 

もう着ない、痩せたら着る、という
服は思い切って処分しましょう。

2、3年着ていない服は、その後着る
機会は滅多にありません。

 

 

季節が終わった後の服

収納のコツですが、こちらも
着ない服は処分のチャンスです。

収納容器はダンボールはNG。
ダンボールはカビや虫が好む素材です。

スポンサーリンク


 

押し入れに重ねられて収納できる
フタ付きのプラスチックの箱が良いですね。

こちらも服の種類や家族によって
複数分けておくのがコツ。

 

季節ごとに分けると、衣替えし
やすくなりすね。

服をしまう時は、天気の良い湿気の
少ない日を選び、しまう服はきれいに
しておきます。

 

服の汚れは、シミやカビ、虫食いの
原因になり、翌年出したら着れなく
なった…なんて悲劇が待っています。

クリーニングしてからしまうのも
もちろんOK。

市販の防虫剤もおすすめ。
防虫効果は上から下へ行きますので、
収納の一番上に置きます。

 

このように、ちょっとしたコツで
部屋はすっきり、服も大切に衣替えが
できます。

衣類用の便利な収納グッズもたくさん
ありますので、活用しましょう。

 

イラストや画像で衣替えのポイントを抑えよう

インターネットや本で、収納や
インテリアのコツもたくさん紹介
されていますね。

スクリーンショット 2016-05-24 0.25.52

イラストや写真などが入っていて、
一目で分かるので大変便利です。

 

便利な収納グッズも、イラストや
写真を参考にしてお店で買い求める
ことも可能ですし、たたみ方、
収納の仕方も参考になります。

きれいなたたみ方を動画で
公開されている方もいますね。

 

またフリーイラスト素材も、衣替えの
イラストがあります。

ポップで可愛いイラストばかり
ですので、お手紙や季節の通知に
ぴったりです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ