猫ひろしはカンボジアでのタイムでオリンピック出場?嫁の身長は?

猫ひろしさんは、嫁との身長差婚やカンボジア国籍取得
などで話題ですよね!マラソンのタイムは?
オリンピックは出られるの?など気になる事だらけです!

スポンサーリンク


猫ひろし(ねこひろし)さん プロフィール

本名   瀧崎 邦明
生年月日 1977年8月8日(38歳)
出身地  千葉県市原市
     カンボジア国籍
血液型  A型
身長   147cm
事務所  WAHAHA本舗

スクリーンショット 2016-06-28 1.30.01

「ニャー」という掛け声と、『猫魂』という文字が
前面に大きくプリントされたTシャツにビキニパンツが
特徴のタレント、猫ひろしさん。

最近はマラソンでの活躍が凄いので忘れがちですが、
れっきとしたお笑い芸人さんです。

 

いつでも明るい笑顔を振りまいて元気いっぱい!
悩みなんか無さそうな彼ですが、下積み芸歴は結構長く
目白大学人文学部を卒業後にはピン芸人として
活動していたそう。

インディーズで活動中は、1年間に30回以上改名したり
「ピエロの父とダンス教室の生徒である母の間に
生まれる」などの架空の経歴を公表したりと
かなり迷走気味だったのが伺えますね。

 

そんな猫さんの知名度が上がっていったのは2005年頃。
徐々にバラエティ番組などのゲスト出演が
増えていきました。

やはりあの出で立ちは、相当インパクトがありますよね!
男性の素足という少し抵抗のある部分を絶妙な
バランスで笑いに昇華させている感じ。

 

そして、2007年には一般女性と結婚。その際のコメントは
「猫の飼い主が、見つかりました」。
キャラクターの味をきちんと出していますよね!

 

嫁との身長差婚!

猫ひろしさんの身長は147cm。日本女性の平均身長は
154.2cmですから、数値から見てもかなり小柄ですよね。

そんなひろしさんの嫁になる人はもっと小柄?と思ったら、
なんと!嫁さんの身長が165cmもありました!

スクリーンショット 2016-06-28 1.29.48

しかも写真で見るとなかなかのスレンダーで可愛らしい
感じの女性ですよ。

彼と嫁さんの身長差は18cmにもなりますね。
夫婦仲は良好のようで、交際をする時もひろしさんの
猛アタックから始まったそう。

 

2011年にはお2人の間に女の子も誕生。
幸せ満喫中といった感じでしょうか。

 

タイムはどれくらい?

昔から足が速かったという、ひろしさん。現在も
毎日ジョギングをしているんだそうです。

マラソン選手としての実績もかなり出てきた彼ですが、
じゃあタイムはいったいどれくらいなのか?
調べてみると、驚きの結果が。

スポンサーリンク


 

まず、彼がマラソンを本格的に意識したのが
TBSの『オールスター感謝祭』の赤坂ミニマラソンです。

ここで視聴者に『猫ひろし』の走りのポテンシャルを
披露したわけですが、赤坂ミニマラソン3.190kmを、
14分52秒のタイムで走り、優勝しました。

 

それまで「にゃー」と言いながら笑いをとるおじさんの
イメージしかなかった彼が、このタイムをたたき出して
完走したことで、だいぶ話題になったと思います。

その後は東京マラソンにも挑戦して、2010年、ついに
東京マラソンを2時間55分で完走。いわゆる3時間の壁を
越えることに成功します。

 

ついにはカンボジア国籍

猫ひろしさんは、マラソンを始めてから東京マラソン
だけでなく、国内外でその力を試してきました。

そして、2010年にアンコールワット国際ハーフマラソンで
3位に入賞した事を受け、なんとカンボジアから
オリンピック代表選手として出ないか、と打診を
受けることに!

 

遅咲きの花である猫さんにとってカンボジアからの
ラブコールとオリンピックという言葉はどれくらい
衝撃的だったんでしょうか。

2011年にはカンボジア国籍を取得してしまうという
なんとも思い切った行動に出た猫さん。

 

当時彼のこの行動には、「やりたい事をやるのに
年齢なんか関係ない!」という心意気を感じて
とても勇気付けられたのを覚えています。

嫁と子供はどうすんだ?と思わないでもないですが、
練習地は主に日本でおこなっているそうなので、
カンボジアに移住したという事はありません。

 

悲願のオリンピック出場!

カンボジア国籍を取得した2011年には、2012年の
ロンドンオリンピック出場に向けて活動していた
猫ひろしさんでしたが、現実は甘く有りませんでした。

スクリーンショット 2016-06-28 1.29.36

猫さんのタイム自体は、2012年の別府大分毎日
マラソンにおいて2時間30分22秒を出しており、これは
カンボジアのオリンピック選手ヘム・ブンティン選手の
シーズンベストを上回っていました。

 

しかし、カンボジア国籍を取得してから1年も経って
いない事や国際競技会での代表経験が無かった事、
カンボジアに居住していない事などから、ロンドン
オリンピック出場は認められませんでした。

ところが、そこで諦めないのが猫さん!その後も
東南アジア競技大会カンボジア代表選考会への出場
アンコール・エンパイア・フル&ハーフマラソンでの
優勝と着実に実績を積むことに。

 

2013年に出場した東南アジア競技大会で優勝した後には
正式にカンボジア代表として選ばれました。

もちろん、日本での活躍もしっかりとしたもので、
2014年のアジア競技大会に出場した翌日に、
思い出の赤坂ミニマラソンで実力を発揮していました。

 

普通フルマラソンを完走した翌日に、3〜4kmの距離を
走るのは少し無謀な行動だそうです。

でも彼にとっては日本でのマラソン活動も、
とても意味のある事だったんだと思います。

 

そして、2016年6月3日。猫ひろしさんはついに
リオデジャネイロオリンピックの男子マラソン
カンボジア代表選手に選出された事が、発表されました。

悲願のオリンピック出場が叶ったひろしさん。
ここにたどり着くまでには、カンボジア国籍にした
ことによる非難を受けたこともあったそうです。

 

それでも目標であるオリンピックに向けて直向に
頑張っている姿は、見ている私達も元気に
させてくれます。

リオオリンピックまであと少し。
猫ひろしさんの走りを応援したいですね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ