小峠英二の元彼女は坂口杏里!バイきんぐよりオランジーナCMが人気?

小峠英二さんは、現在活躍中のバイきんぐでツッコミ
担当。彼女だった坂口杏里さんとの破局や、
オランジーナCMの出演など、注目のタレントさんです。

スポンサーリンク

小峠英二(ことうげえいじ)さん プロフィール

生年月日 1976年6月6日(40歳)
出生地  福岡県
血液型  O型
身長   170cm
相方   西村瑞樹
事務所  SMA NEET Project

スクリーンショット 2016-06-19 14.20.38

小峠英二さんはお笑いコンビ、バイきんぐのツッコミ
担当ですが、時々ボケるのも面白いですよね!

まず目を引くのが彼のつるつるの頭。老け顔と相まって
インパクト大です。

 

そして、スキンヘッド仲間のサンプラザ中野くんと
音楽ユニット『坊坊主』を組んで、2015年にアルバムの
『励ます』をリリース。洒落たタイトルで笑えますね!

小峠さんと相方の西村瑞樹さんとは同期の大阪NSC17期生。
その以前に自動車教習所で出会っていて、大阪NSCで
再開した時には運命を感じたそう。

 

コント日本一を決める『キングオブコント』では
2012年に5代目チャンピオンに輝き、彼らのお笑いの
スタイルを見せてくれました。

 

バイきんぐの由来

小峠英二さんたちは、コンビ結成当時は『バイキング』
という表記を使っていたそう。

それが今の『バイきんぐ』になったのは、
彼らがHPを作る際に『バイキング』だとレストラン名が
多くヒットしてしまう事から、ひらがなを交えた
コンビ名が出来上がったんだとか。

スクリーンショット 2016-06-19 14.20.23

でもこの選択、大成功な気がします。カタカナだけの
表記より、『バイきんぐ』の『きんぐ』の部分が
ふわっと抜けた感じで英二さん達のイメージに
ピッタリじゃないかと思います。

なお、2005年頃は『めすどり同好会』という名前で
活動をしていた時期もあったそうですが、今の
『バイきんぐ』の方がしっくりきますよね!

 

オランジーナCMはドッキリじゃない!?

リチャード・ギアが寅さんに扮するなど、ちょっと
変わったCMを展開していたオランジーナCMですが
新シリーズでは、なんと小峠英二さんが
出演しています。

新しいオランジーナCMは、フランス人の女の先生が
『金八先生』風に人と触れ合っていく内容。
校長先生役には武田鉄矢さんが演じるなど、ニクイ
演出もありました。

スポンサーリンク

 

その中で、英二さんは『警官役』として登場。
なかなか流暢なフランス語を操っていてビックリ!
CMの世界観にぴったりマッチしています。

また、英二さんは良くドッキリに引っかかっている
事から、最初このオランジーナCMもドッキリだと
思っていたそう。

 

しかも中々疑いは晴れず、CM放映までドッキリだと
考えていた旨をコメント。笑いを誘っていました。

 

彼女が出来て幸せだったものの・・・

『ハゲキャラ』で笑いのツカミもばっちりな小峠さん
ですが、2015年には「彼女が出来た!」と熱愛報道が
ありましたよね!

しかも、英二さんからのアピールでは無く、彼女からの
猛プッシュで始まった交際は、当時はかなり話題に
なりました。

スクリーンショット 2016-06-19 14.20.15

彼と彼女である坂口杏里さんとの年齢差が15歳である
事や、容姿について不安があった小峠さん。
積極的な彼女との交際で幸せをつかめたはずが・・・

 

坂口杏里さんとの破局

結局交際期間半年で、坂口杏里さんと破局してしまった
小峠英二さん。

原因はどうやら坂口杏里さんのイケメン好きや、
あけすけな態度、価値観の違いなどから別れることに
なったのだと説明されていました。

 

実は坂口杏里さん、小峠さんと付き合いながらも
他の男性との交際を匂わせたり、デートをドタキャン
したりと、かなり奔放に振舞っていたそう。

彼の中では、あまりに積極的な坂口さんの姿に
「自分と付き合っているのは売名行為なのでは」との
迷いもあって、悩んでいたみたいですね。

 

別れ話はきちんと会話して、円満解消だった様子。
普段は『キレ芸』を見せてくれる小峠英二さんですが
こういうケジメをきっちりつける事が出来る所なんかが
大人だな、と思いました。

しばらく恋愛はしませんよ!と語っていた彼。
確かに現在はどの番組でも引っ張りダコで大忙し
ですよね。

 

彼女との破局は痛手だったかもしれませんが、
『キレ芸』を披露するなかでも、どこかほっとする
愛嬌のある英二さんの魅力はまだまだ健在!

これからも小峠さんとバイきんぐの活躍を
期待したいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ