鳴子峡の紅葉の見頃はいつ?アクセス方法調べて遊歩道にも行こう!

鳴子峡は深い渓谷に覆われた紅葉の
名所です。
見頃はいつなのでしょうか。

遊歩道は大規模な工事で制限が
あるのが気になるところですね。

アクセス方法も調べてみました。

スポンサーリンク

鳴子峡へのアクセスは?

鳴子峡へ直接アクセスするには車か
タクシー、または臨時バスか徒歩で。

まずは中山平温泉駅または鳴子温泉駅に
行き、そこから徒歩やバス、タクシー
などを利用しましょう。

スクリーンショット 2016-08-28 16.49.26

車でのアクセス
東北自動車道IC古川から40分。
鳴子峡の駐車場は期間内限定の
有料駐車場と無料駐車場があります。

中山平温泉駅前にある第1、第2駐車場、
鳴子峡レストハウス前の第3駐車場は
紅葉のシーズンは有料ですが、
鳴子温泉駅前と遊歩道内の駐車場は
年間を通して無料です。

 

有料駐車場の料金は
大型車1000円
中型車700円
普通車500円
バイク200円
7時30分から16時30までの営業です。

 

電車・新幹線でのアクセス
東京駅から新幹線で古川駅で下車。
陸羽東線快速を使い40分で鳴子温泉駅、
または中山平温泉駅に到着します。

駅から鳴子峡へはタクシーなどの車を
使えば5分、徒歩の場合は40分から
50分ほどです。

スクリーンショット 2016-08-28 16.50.37

バスでのアクセス
古川線 古川駅?鳴子温泉駅

鳴子温泉駅からは臨時バス「紅葉号」で
鳴子峡へ行くことができます。

2016年は10月15日(土)から11月7日(月)まで毎日運行。

 

臨時タクシーバス「おくのほそ道
湯めぐりジャンボ号」も運行して
います(定員9人)。

鳴子温泉入り口ー鳴子温泉駅ー潟沼ー
洞川院ー鳴子峡ー中山平温泉駅のルートで
巡回しています。

 

2016年は7月23日(土)から10月16日(日)までは
毎日運行。

11月12日(土)から11月23日(水)までは
土日祝日のみの運行。

鳴子温泉郷は温泉だけではなく、
鳴子峡の景色も売りですので、
アクセスしやすいように様々な
サービスが展開されているのです。

スポンサーリンク

 

鳴子の自然をじっくりと味わうのなら
徒歩で、鳴子峡まで体力を取って
おきたいならバスやタクシーが
おすすめです。

 

鳴子峡の紅葉の見頃は?

鳴子峡はカエデやアカシデなどの
木々に覆われ、紅葉の名所としても
有名です。

鳴子峡の紅葉の見頃は10月から11月。

 

見頃になると宮城県内外から多くの
観光客が紅葉を見に訪れます。

紅葉の時期以外でも、100メートル以上の
深い渓谷には圧倒されます。

スクリーンショット 2016-08-28 16.50.04

大谷川の清流も見ているだけで心が
洗われるよう。

そう考えると、鳴子峡は1年中が
見頃と言えるでしょう。

 

鳴子峡の遊歩道の状況は?

鳴子峡には大深沢遊歩道と鳴子峡遊歩道の
2つのルートがありますが、現在鳴子峡遊歩道は
工事のため大幅な通行止めを行っています。

 

ですので大深沢遊歩道、つまり中山平温泉
駅側から行く方をおすすめします。

 

2016年4月頃には鳴子峡遊歩道も一部が
開放されたようです。

紅葉の見頃の時期には開放される
区間が増えるかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ