ケネディ大使は秋田や二本松がお好き!しわは息子も気になってる?

ケネディ大使、秋田や二本松市など
地方への視察や支援も精力的ですね。
息子は何と楽天に入社したのです。
お顔はかなりしわが多いですが…?

スポンサーリンク


ケネディ大使プロフィール

本名 キャロライン・ケネディ
生年月日 1957年11月27日 現在58歳
出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク洲
コロンビ大学アロースクール卒

スクリーンショット 2016-06-24 15.31.00

ケネディ大使は暗殺されたジョン・
F・ケネディ元大統領の長女です。

大学卒業後は弁護士資格を取り、
ケネディ元大統領関連の施設館長や、
顧問を勤めます。

 

ケネディ一族ば男女共に政治家になって
いるイメージがありますが、ケネディ大使は
政治の裏方を長年勤め、叔父や
オバマ大統領の支援などを行って来ました。

2013年駐日大使に。
日本とアメリカの関係をより良く
するために、様々な公務を行っています。

 

日本で言うところの左翼的な思想に
やや傾いており、日本のイルカ漁や
安倍総理大臣の靖国参拝などを批判し、
また天皇陛下や日本の外務大臣らが
臨席する式典でカジュアルな服装を
していたことから問題になっています。

 

ケネディ大使、二本松青年海外協力隊を視察

最近のケネディ大使の動向と言えば、
二本松青年海外協力隊の視察ですね。

2016年6月7日にケネディ大使は、福島県
二本松市にある国際協力機構(JICA)
二本松青年海外協力隊の視察を行い、
ボランティア候補者と交流、懇談を
行いました。

スクリーンショット 2016-06-24 15.30.39

ケネディ大使のお父さんであるジョン
・F・ケネディ大統領は、青年海外
協力隊のような組織を米国平和部隊
(Peace corps)を結成したことから、
娘であるケネディ大使も青年海外協力隊や
JICAなどの国際ボランティアの支援を
行っています。

 

ケネディ大使秋田に初訪問

またケネディ大使は6月9日に秋田県を
初めて訪問しました。

秋田市の千明公園の見学他、
国際教養大学では「国際社会の未来を
創る」をテーマに講演し、学生の懇談も
行いました。

スポンサーリンク


 

学生との懇談の詳細な内容は
非公開ですが、学生とはかなり
語り合ったそうです。

ケネディ大使は学生時代に広島の
被爆地に訪れた時の思い出や仕事と
家庭の両立を目指す女学生に激励を
送ったとのこと。

 

学生たちも、国際社会の第一線で
働くケネディ大使と直接話をする
ことで、刺激になったのではないで
しょうか。

ケネディ大使の任期中は、秋田県以外の
地方へも訪れてくれることでしょう。

 

ケネディ大使の息子が楽天に入社!

ケネディ家は女性が多く、中でもジョン
・F・ケネディ元大統領の男孫はケネディ
大使の息子エドウィン・シュロスバーグさん
1人です。

ちなみにケネディ大使には息子の
エドウィンさんの他に、娘が2人います。

 

息子と苗字が違うのは、ケネディ大使が
結婚してもケネディ姓で通しているから。
「ケネディ」ブランドはそれだけ強いのでしょう。

そのケネディ大使の息子エドウィン・
シュロスバーグさんが入社したのは楽天。

スクリーンショット 2016-06-24 15.30.12

イエール大学を卒業後は有毒廃棄物
除去会社で働いた後、「Profiling
in Courege(勇気ある人々)賞」を
受賞しました。

ただこの賞は、ジョン・F・ケネディ
元大統領の著書にちなんだ賞で、
ケネディ記念図書館で行われるため、
エドウィン・シュロスバーグさんの
受賞は出来レースっぽい感じがしますね…

 

いや、やっていることは素晴らしい
ことですが。

大学では日本史の研究をしていたとのこと。
ケネディ大使の駐日大使任命式にも
同席していますし、ケネディ大使の
福島視察にも同行しています。

 

日本通のようですし、楽天に入社して
どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

 

ケネディ大使しわだらけ…?

ケネディ大使で話題になっているのが、しわ。

写真で調べてみますと、失礼ながら
確かにしわしわですね…

 

駐日大使に任命された55歳の時点で
このしわっぷりです。

白人は肌が紫外線に弱く、老けて
見えるのが早いそうです。

 

しかしケネディ大使くらいの欧米人の
女優はもっと若く見える人もいますね。

そのような方の大半は整形なのだそうです。

ケネディ大使のしわが目立つのは、
整形していない証拠なのでしょう。

 

ケネディ大使は女優ではありません。
大使として勤めを果たす姿を見ましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ