桂歌丸が人間国宝になるには弟子や後任次第?年齢に驚き!

桂歌丸さんの『笑点』勇退後の後任司会が話題に!
年齢や彼の弟子など気になりますが、何と円楽さんが
歌丸さんを人間国宝に推薦!?

スポンサーリンク

 

桂歌丸(かつらうたまる)さん プロフィール

本名   椎名巌
生年月日 1936年8月14日(79歳)
出生地  神奈川県横浜市
師匠   5代目古今亭今輔
     4代目桂米丸
所属   落語芸術研究会

スクリーンショット 2016-06-08 10.07.24

桂歌丸さんと言えば、日本の落語家の代名詞といえる
方ですよね。また落語に馴染みのない人も、彼が出演
している演芸番組『笑点』は誰でも知って
いるんじゃないでしょうか。

出囃子は『大漁節』で、歌丸さんは現在落語芸術協会の
会長をされています。新作落語だけでなく
古典落語においても活動をしているようですね。

 

桂歌丸さんが落語家を目指したのは、子供の頃ラジオ
から流れる落語を聞いたことがきっかけだったそうです。

小学生の時には、自習の時間などですでに落語を
披露していて、教師に落語をやってくれないかと要請を
受けるほど好評だったとか!

 

桂さんの生まれは横浜で、自分が『浜っ子』である事を
非常に誇りに思っているそうです。
地元愛は『横浜にぎわい座館長』就任という所にも
表れていますね。

 

驚愕の年齢は?

一時は腸閉塞などの病気にもかかっていましたが、
軽快な語り口と明るい笑顔を見せてくれる桂歌丸さん。

1951年から活動していたという彼の年齢はと言うと、
何と今年で79歳!

スクリーンショット 2016-06-08 10.07.13

お元気ですね。この年齢で現役の芸能人だと、
美輪明宏さんや黒柳徹子さんが第一線で頑張っている
イメージがあります。

共通しているのは、皆さんエネルギッシュだということ
でしょうか。明るく、パワフル。そして素敵な笑顔が
歌丸さんのトレードマークかもしれません。

 

そんな闊達な彼ですが、この年齢まで万事順風満帆
といったわけではなかったようです。

若気のいたりで『天狗になってしまった』時期には、
当時の師匠、5代目古今亭今輔さんから破門を
言い渡されたり、その後生活のためにセールスマンに
転職したりと大変だったみたいですね。

 

人間国宝推進派!

若い頃から何かと苦労の多かった桂歌丸さん。
そのせいか、回りの人間やファンにも優しく
常に謙虚な姿勢でいるそうです。

そんな桂さんを慕う落語家さんは多く、その中でも
三遊亭円楽さんは桂さんを人間国宝にしたい、という
活動をするほど。

スポンサーリンク

 

人間国宝と言われると何だか雲上の人のような
感じがしますが、伝統芸能を次世代に継承し、
世に広く広めた事などを基準に選ばれるとなると
確かに歌丸さんは相応しいかもしれないですね!

この人間国宝は、文部科学大臣が認定するのですが
桂さんはすでに、芸術選奨文部科学大臣賞や
旭日小綬章を受賞。

 

5月31日には文部科学大臣表彰もなされたので
彼の人間国宝選出も現実味を帯びていますね。

 

歌丸一門のお弟子さん達

桂歌丸さんの弟子の高座名は、歌丸さんの「歌」の字を
使うことが基本で桂歌春さん、桂歌助さん、桂歌若さん
桂歌蔵さん、桂枝太郎さんの5人が現在の彼の弟子です。

弟子最年少の枝太郎さんだけ「歌」の字が入って
いませんよね。枝太郎さんが二つ目の時にどうしても
「丸」の字が欲しいと言って、歌丸さんから「花丸」と
いう名前を頂いていたんですって。

スクリーンショット 2016-06-08 10.07.02

他にも桂さんの弟子は個性的な方ばかりで、テレビの
情報からだけで、はるばる桂さんの家まで来て弟子入り
志願された方、21世紀初となった真打昇進の方、
プロボクサーライセンス所持の方など様々です。

 

勇退後の後任は?

2006年から『笑点』の司会をつとめていた桂さん。
番組始まって以来、常に第一線で頑張ってきた彼ですが
今年、体力の限界を理由に5月22日の『笑点』で引退
されました。

そうなると後任の司会者は誰か?とかなりの話題に。
ネットや業界では後任予想がお祭り騒ぎ状態に!

 

有力視されていたのが、桂歌丸さんと親交の深かった
円楽さんや小遊三さん。落語家以外ではタモリさんや
ビートたけしさん等、ビッグネームが並びましたね。

そして、5月29日ついに『笑点』司会後任が発表。
何と世間もビックリの春風亭昇太さんという結果に!

 

これは業界もかなり意外だったようで、スポーツ誌や
テレビ、ネットでも大きく取り上げられました。

昇太さんは大喜利メンバーのうちでも若く、年功序列
のイメージがあった『笑点』ですから、余計に予想
されていなかったですよね。まさに大穴!

 

ただ、番組若返りのためにも、と桂さんは賛成だった
そう。メンバーとしても後輩が司会をつとめるとなると
『いじり』と気楽さも相まって、騒がしくも楽しい
『笑点』になりそうですよね。

長きに渡り、番組を支えてきた桂歌丸さん。勇退後も
番組初の終身名誉司会になるそうです。

 

「これからも寄席でしゃべれる落語を覚えたい」と、
精力的な姿勢は頼もしい限り。
まだまだ桂さんの活躍を拝見出来そうですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ