黒柳徹子の若い頃から年齢を感じない!障害から結婚まで何が?

黒柳徹子さんは、テレビ業界の歴史を作ったと言える
人ですが、自身の発達障害の告白や、若い頃の美貌
結婚感など話題に事欠きません。そして、驚愕の年齢は!?

スポンサーリンク

 

黒柳徹子(くろやなぎてつこ)さん プロフィール

生年月日 1933年8月9日(82歳)
出生地  東京都港区乃木坂(現)
血液型 A型
事務所  (有)吉田名保美事務所

スクリーンショット 2016-06-04 16.55.21

黒柳徹子さんと言えば、もはや日本人で知らない人は
居ないといえる芸能人の1人ですね。

代表的な出演番組は、「世界・ふしぎ発見!」や
『ザ・ベストテン』。紅白歌合戦にも何回も司会として
出演されています。どれも高視聴率長寿番組ですね。

 

特に彼女の代名詞とも言えるテレビ朝日『徹子の部屋』
は、放送開始から40年以上も続く長寿番組として
親しまれてきました。

また、黒柳徹子さんの著書『窓ぎわのトットちゃん』は
海外などでも翻訳され、累計部数770万部という
大ベストセラーになったのは周知の通り!

 

自伝が爆発的に売れるのも凄いですが、この著書は
ポーランドの文学賞『ヤヌシュ・コルチャック賞』
も受賞するなど、世界的にも高く評価された自伝です。

まさにマルチタレントの先駆けといった感じの黒柳さん。
社会貢献活動にも精を出していて、ユニセフ親善大使
としても活動されているのを見ると、
かなりのバイタリティの持ち主だと言えますね!

 

びっくりするほど綺麗な若い頃!

タマネギヘアーと笑顔が素敵な黒柳徹子さんですが、
若い頃の写真を見るとびっくりするくらい綺麗だった
事が判明!

徹子さんの若い頃の画像を検索すると、今と笑顔は
変わらないながらも、『品の良いお嬢さん』風を
イメージさせるショットばかりです。

スクリーンショット 2016-06-04 16.56.11

彼女はこの頃から美容というか健康には人一倍気を
使っていたようで、毎日かかさずウォーキングをしたり
ジャイアント馬場さん直伝のスクワットをこなしたりと
かなりストイックに体調管理をされていたそう。

若い頃からのたゆまぬ努力が、今もなお魅力的で
元気な徹子さんを作っているんですね。

 

結婚感は?

昔から闊達で美人な黒柳徹子さん。かなりモテ人生を
歩まれたんじゃないかなぁ、と思いますが、
実は黒柳さんは現在も独身。

結婚歴も無く常に第一線で活躍してきた彼女ですが、
どうやら全く結婚願望が無かったわけでは無いみたい。

スポンサーリンク

 

「今まで2、3回結婚してもいいかなって
思ったことがあるのよ」「若い頃は自分も尊敬される
お母さんになりたい」等の発言をされていたので、
もし巡り合わせが合ったら結婚していたかも!?

 

発達障害の告白

2001年出版の著書にて、黒柳徹子さんは作品の中で
自身がLD(学習障害)であることを告白しました。

計算障害や、読書障害である事を匂わせた内容で
『窓ぎわのトットちゃん』での彼女の行動からも
ADHD(注意欠陥多動性障害)である事も伺えます。

スクリーンショット 2016-06-04 16.55.37

このADHDは多動で落ち着きの無い症状が顕著で、
現在では一般にも広く知れてきている障害ですが
黒柳さんが子供の頃にはまだなじみのない
ものでした。

『窓ぎわのトットちゃん』の中だと、まだ幼い
徹子さんが机のフタを何回も開け閉めしたり、
画用紙に描く絵をはみ出して描いた事を教師に注意
されている場面が出てきますね。

 

そのせいか、彼女は子供の頃に回りから奇異な目で
見られていた事は自覚していたようですが
そんな彼女に対して、お母さんは非難する事も
厳しくしかる事もなく、優しかったそうです。

きっとお母さんの優しさが、今の徹子さんの
おおらかさや、たくましさに繋がっているんだと
思います。

 

年齢でまたびっくり!

何と、現在82歳の黒柳徹子さん!テレビなどで見る
はつらつとした様子からとてもそんな年齢に
見えませんよね。

平成27年度には文化功労賞も受賞され、ますます
エンジン全開!といった感じでしょうか。

 

以前テレビに出演された際には、「80歳過ぎたら年齢は
出さないで。90歳になった時に視聴者を驚かせたいから」
と、何ともお茶目なドッキリを考えていたとか。

他にも「100歳になったら政治番組をやりたい」と
意欲は衰えて居ない様子。むしろ、黒柳さんは
年齢を重ねるごとに、どんどんパワーアップ
しているように見えますよね。

 

いくつになっても素敵な女性を見ると、こちらまで
元気になってくるものです。言うなれば、徹子さんは
視聴者の心のビタミン剤!?

これからも黒柳徹子さんの活躍から目が離せませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ