三浦大知がMステで歌詞を親に披露?したらばの噂って?

三浦大知さんは、先日のMステに初登場で圧巻のダンスや
ストレートな歌詞が大反響でしたね。
彼にまつわる「したらば」や親御さんが気になります!

スポンサーリンク


三浦大知(みうらだいち)さん プロフィール

生年月日 1987年8月24日(28歳)
出生地  沖縄県
ジャンル R&B、ポップ、ダンス
事務所  ライジングプロダクション

スクリーンショット 2016-05-29 1.33.58

三浦大知さんと言えば、元Folderのメインボーカル
として活躍されていた印象がありますよね。

デビュー曲の『パラシューター』を聞いて
当時は9歳だった三浦さんのダンスと歌声の凄さに、
驚いた記憶があります。

 

2000年には、変声期を理由にいったん歌手活動は
休止していた三浦さんですが、2005年にソロデビューを
果たすまでは、ダンスのレッスンに励んでいたそうです。

 

父親は力士!?

三浦大知さんは沖縄出身のアーティストですが、
小さい頃からのダンスパフォーマンスなどを見ていると
かなりパワフルだな、と思います。

彼は6歳の頃からダンスを始めたそうですが
大知さんのこのパワフルさは父親譲りかも!?

スクリーンショット 2016-05-29 1.33.34

というのも、彼の父親は自衛官をしていたそうで、
しかも格闘技を趣味とする肉体派だったとか。

そして現在の趣味は『沖縄角力』という『すもう』
だそうです。勿論肉体派のお父さんですから観戦じゃなく
『やる方』なんですって!

 

沖縄角力というと馴染みが無いですが、やはり普通の
相撲とは少し違い、柔道やレスリング寄りの格闘技
だそうです。

50歳過ぎてもなお肉体鍛錬に挑んでいる父親は
なかなか居るもんじゃありません。
きっとそんな素敵な父の背中を見て育った結果
今のエネルギッシュな三浦大知さんがあるんですね。

 

したらばって何?

三浦大知さんをネット検索していると、気になる
ワードが出てきます。それが『したらば』。

何だろうと思って覗いてみると、どうやら
『したらば掲示板』というネット上の掲示板の様子。
2ちゃんねる等のスレッドが出るタイプの
コミュニケーションツールですね。

スポンサーリンク


 

この『したらば掲示板』に三浦さんの掲示板もあり
ここで、ファン同士が情報共有をしている感じですね。

なかなか砕けた言葉でやり取りがされているので、
ユーザーを選ぶ掲示板かなぁ、とは思いますが
三浦さんの活動情報など、かなり頻繁にやり取りが
されているので、覗いて見てもいいかも!

 

語意は、恐らく「それならば」の意味がある北海道の
方言かと思います。ちなみに、紀文から出ている
カニカマ製品も『したらば』って名前ですよね。

 

歌詞に想いを乗せて

今年でソロデビュー10周年の大知さん。ソロデビューと
同じ日付の3月30日に記念すべきシングル『Cry & Fight』
を発売しました。

シングル発売日にラゾーナ川崎で行われた発売記念
イベントでのパフォーマンスレベルはかなり高く、
このイベントで彼のファンになった人も居るとか。

スクリーンショット 2016-05-29 1.33.12

2008年以降は頻繁にダンスの振り付け、作詞・作曲を
彼自身がされるようになっていて、今回のシングルでも
三浦大知さんが歌詞、振り付けを手がけています。

『Cry & Fight』の歌詞はメッセージ性が強く、
励ますような語りかけで爽やかに歌い上げています。

 

この10年を振り返ってのターニングポイント的な
想いも込められているんだと思います。

うたまっぷ等の歌詞サイトにも載っていますので
要チェックですよ!

 

Mステでのパフォーマンスが話題に

5月6日のMステに待望の初登場を果たし大知さん。
ご本人も、夢がかなったと喜んでいた様子。

Mステでのパフォーマンスは、冒頭をアカペラで披露し
口パクでは無い、本物の彼の生歌であることを
堂々と見せてくれました。

 

このMステ出演を受けて、ネットでは大絶賛の嵐。
一切手を抜かない、感動のシンクロダンスは本当に
素晴らしかったです!

Twitterでも、「三浦大知」というワードが
トレンド入りし、彼の事務所の他のタレントさんにも
激励のコメントが沢山!まさに騒然といった感じで、
新旧ファンも納得のパフォーマンスでした。

 

あれだけのダンスを踊りながら、歌もバッチリの
三浦さん。Mステ出場時のコメントでも
「これしかやってこなかったので、これしか
できないんです」と朴訥と語る姿は職人の言葉のよう。

まだまだ一般の人からの知名度は、
これからかもしれませんが、「三浦大知」が
トレンドの今、上昇気流に乗ってどんどん
活躍していって欲しいですね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ