梅雨入り2016年の状況は?沖縄・東京・九州は要注意!

6月は雨の季節。
2016年の沖縄、東京、九州それぞれの
地域の梅雨入りはいつでしょうか…?

スポンサーリンク


2016年沖縄の梅雨入りは?

梅雨入りの一番乗りは沖縄、または奄美地方。

2016年の沖縄の梅雨入りは5月16日。
2016年は例年よりも1週間ほど遅い梅雨入りです。

スクリーンショット 2016-05-23 14.44.48

一般的な認識では、梅雨入りは6月から7月に
かけてですので、沖縄の5月中旬の梅雨入りは驚きですね。

沖縄や奄美地方はゴールデンウィークが
過ぎたらすぐに梅雨入りに。

 

梅雨の時期を避けて6月になる前に沖縄旅行を
しようと考えたら大間違いです。

その代わり、6月の中旬から下旬に頃になると夏空が続き、
マリンスポーツのシーズンとなります。

スクリーンショット 2016-05-23 14.44.33

ゴールデンウィークや、夏休みと言った観光シーズンの
合間を縫って梅雨になりますので、観光立県沖縄としては、
この時期の梅雨入りはありがたいのです。

梅雨が明けた2016年の沖縄も、大勢の観光客が
やって来ることでしょう。

 

2016年の東京の梅雨りは?

では2016年の東京の梅雨入りはどうなっているのでしょうか。

昨年2015年の東京を初めとする関東甲信地方の梅雨入りは、
6月3日でした。
平年の梅雨入りは6月8日頃で、昨年は平年よりも
早めの梅雨入りだったようですね。

 

気になる2016年は、平年と変わらない梅雨入りと
なると予測されています。
6月上旬に梅雨入りし、7月の下旬に梅雨明けとなるでしょう。

東京も梅雨入りすれば、じめじめした天気が続くと思われます。
湿気対策、雨具の用意は今からしておいた方が良いですね。

 

デザインもよく、機能的な雨具で憂鬱になりやすい
東京の梅雨を、2016年も乗り切りましょう。

梅雨の時期の降水量ですが、東京甲信地方の
梅雨の時期の降水量の推移を見てみると、
例年よりも降水量が増えている年と減っている年が
1年ないし2年おきに来ています。

スポンサーリンク


 

とは言っても、2016年は降水量は平年よりも
少なくなるとは限りません。
また梅雨に限らず、東京は局地的大雨(ゲリラ豪雨)も注意が必要です。
地震同様、大雨や浸水、土砂災害への備えが必要になるかと思われます。

 

2016年の九州地方の梅雨入りは?

奄美地方は梅雨入りしましたが、
九州の梅雨はまだ先のようです。

奄美は鹿児島県ですが、沖縄寄りの位置にありますので、
奄美は気候で言えば沖縄と同じ扱いにされることが多いですね。

 

元琉球王国の領土だったのもあり、風土も沖縄に近いものがあります。

さて九州の梅雨入りについてですが、
2015年の九州地方の梅雨入りは、九州北部南部ともに6月2日。

スクリーンショット 2016-05-23 14.44.25

平年よりも3日ほどずれていますが、誤差の範囲でしょう。

2016年も平年とさほど変わらない時期に
梅雨入りすると予測されます。

 

しかし問題なのは降水量。
昨年は梅雨前線の停滞で九州南部は50年に1度を
言われるほど記録的な豪雨に見舞われ、
各地で土砂災害も起こりました。

また2016年4月の熊本地震の傷もまだ大きく、
熊本県、その近辺の地域の方は梅雨の
時期はさらなる警戒が必要です。

 

2016年は九州だけではなく、日本全土で地震や災害について、
より一層知識や備えが必要になってくるかと思われます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ