渋川清彦の嫁や弟はハーフ?演技下手じゃないはず・・

渋川清彦さんはカメレオン俳優とも言われ、私生活はあまり知られて
いません。なので世間では嫁、弟の存在などを気にする方が多いです。
演技下手やハーフなど、真偽不明の噂が囁かれる気になる存在です。

スポンサーリンク


渋川清彦(しぶかわきよひこ)さんプロフィール

本名:田中清彦
生年月日:1974年7月2日
出身地:群馬県渋川市出身
身長:175cm
最終学歴:群馬県立渋川高等学校卒
所属:ディケイド

スクリーンショット 2016-05-10 0.27.14

ミュージシャン、モデル、俳優と多様な顔を持つ渋川清彦さんは、
実は地元愛溢れる熱い男性。芸名の「渋川」は出身の渋川市から
つけたそうです。「日本のまんなかしぶかわ観光大使」もされてます。

バンドでプロを目指し、東京コミュニケーションアート専門学校の
ドラム科に入学した渋川さんは、1年足らずで中退するのですが、
モデルへの道を拓くある運命的な出会いが19歳の時にあります。

 

来日していたアメリカの写真家・ナン・ゴールディンに声を掛けられ、
写真集「Tokyo Love」のモデルを務めるのです。新宿のジャズバーで
写真家・ホンマタカシさんとの出会いで「KEE」という芸名を名乗ることに。

ファッションモデルとしてデビューしたのです。「MEN’S NON-NO」や
「smart」といった雑誌で活躍をされます。現在でも渋くカッコいい
渋川さんだからこそ拓けたファッションモデルへの道なのでしょう。

 

その後「ポルノスター」で俳優として映画デビューした渋川清彦さんは
同作の監督を務めた豊田利晃さんの監督作品には欠かさず出演もして
いますが、様々な監督が使いたがる俳優として注目の存在となります。

現在、福山雅治さん主演のフジテレビ月9ドラマ「ラヴソング」でも
出演中の渋川清彦さんですが2016年も映画「下衆の愛」の主演、
「テラフォーマーズ」では吉兼丈二役で出演と大活躍なのです。

 

実際にドラムを叩かれている渋川さんなので「ラヴソング」では、
そちらの方もぴったりの役柄で彼の演技以外にも福山雅治さんの
元バンドメンバーとしての披露する演奏が楽しみだったりしますね。

 

とても美人な「嫁」

渋川清彦さんはあまり私生活を語られないので彼の嫁については、
2014年に一般人の女性と結婚、翌年にはお子さんも誕生くらいしか
わかりません。ただ幸せな結婚生活を送られていることは確かです。

しかし、髭のカッコいい大人の色気溢れる彼の嫁、どうしても気に
なる方は多いようで検索もかなりされています。そこで「嫁」と
検索するとELOVIS佐藤さんという方のブログにいきつきました。

スクリーンショット 2016-05-10 0.49.24

その佐藤さんのブログにはKEEの名前で渋川さんの結婚パーティーの
様子が綴られおり、KEEの交友関係の広さに驚いたなどとの感想が
ありました。400人ほど集まられたという結婚パーティー。

美しい嫁を皆さんに披露することができ、大変嬉しかったことでしょう。
また嫁の写真もアップされていましたがスラッとしたお綺麗な方です。
バンド活動も続けている渋川清彦さんはそこで演奏も披露されました。

 

熱い演奏を結婚パーティーで目の当たりにしたお嫁さんは俳優以外にも
バンドマンの嫁としての心構えをしっかりと受け止めたことでしょう。
とにかく、嫁との幸せな結婚生活が垣間見えて本当に良かったです。

 

騒がれる「弟」の存在

渋川 清彦さんには弟がいると言われていますが、この弟の存在は、
誤解です。ではなぜそのような弟の存在が噂されているのかというと。
この誤解、「お盆の弟」主演からきているようなのです。

この「お盆の弟」の大崎章監督も渋川さんと同じ群馬県の出身です。
監督自身の分身ともいえるダメ男を憎めないキャラクターの清彦さんが
演じることで評判の良い映画で、兄役が光石研さんだったのも評判でした。

スポンサーリンク


 

演技派の俳優が集まった映画ゆえリアリティが高かったのです。それで
きっと渋川清彦さん=弟の存在、が検索されたということなのだと
思います。これであなたの謎をひとつ解くお手伝いができたでしょうか?

 

なぜ出た?「演技下手」

作品の規模に関わらずやりたい役ならば、受ける渋川清彦さんは、
その為にオファーを受けやすい事務所へとその規模を気にすること
なく移籍してしまう、職人肌で凝り性の俳優さんなのですが。

その彼に「演技下手」の噂が囁かれているだなんて!ショックです。
どうして彼のような存在に「演技下手」などとの噂を流すことが
できるのでしょう?「演技下手」の噂が不思議で仕方ないです。

スクリーンショット 2016-05-10 0.49.14

やりたい役のオファーを受ける、その言葉通り映画やドラマなど、
多数の作品に出演し、監督の望む演技を意識している印象の強い、
渋川さんです。「演技下手」ならば監督に答えられないはずです。

その役柄の幅広さで、使いたい俳優として演技力を様々な監督から、
高く評価されている渋川清彦さんですが、モデル出身の彼は最初、
演技をしなかったので、過去の話から「演技下手」が出たのかも。

 

雰囲気がバッチリで間違えられる「ハーフ」説

「日本のまんなか しぶかわ観光大使」を務め、自身の芸名にも、
出身の渋川市を取り入れる程、地元愛が強く、故郷の存在を表に
出すことはあっても隠すことはない渋川清彦さん。な、の、に。

ハーフの噂が流れています。その理由を探ってみました。どうも
外国人のような顔立ちから、彼のプロフィールを知らない方が、
ハーフ?と思い、「渋川清彦 ハーフ」で検索をしたようでした。

 

本名は「田中清彦」だし、「渋川姓」を芸名にするし、いくら
カッコ良くても彼はハーフではなくれっきとした日本人なのです。
でもハーフ、と間違えるくらい雰囲気があるので仕方ないのかな?

様々な作品に出演され実力が高評価されている渋川清彦さんは、
俳優以外のバンド活動、オリジナルブランド「Rotar」を手掛ける
など様々な活躍をされている大変、芸術性の高い方でした。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ