あんこう鍋の作り方や旬の時期は?産地大洗や東京で食べよう!

あんこう鍋は冬が美味しいですが、
具体的な時期はいつなのでしょう。

西のふぐ、東のあんこうと呼ばれているように、
関東、特に大洗があんこうの産地ですね。

 

東京にもあんこう鍋を出してくれる老舗はたくさんあります。
家でも気軽にあんこう鍋は楽しめますが、
作り方はどうするのでしょうか?

スポンサーリンク


あんこう鍋が美味しい時期は?

あんこうは馴染みが薄いけど、あんこう鍋は好き、
という人は多いのではないでしょうか。

あんこう鍋の作り方や旬の時期は?産地大洗や東京で食べよう!

 

しかし、あんこう鍋の旬の時期はいつなのでしょうか。

 

鍋ですから、冬が旬ではありますが、
美味しいとされている時期は12月から2月中旬くらいまで。
日本で寒い時期はあんこう鍋が存分に美味しくいただける訳です。

 

⇒ 足元あったかで冬を乗り切ろう!

 

鍋の時期になったら、真っ先にあんこう鍋を
思い浮かべてみましょう。

 

 

 

東京には美味しいあんこう鍋の店がたくさん

美味いものは東京に集まると言われております通り、
あんこう鍋屋さんも東京には多数あります。

 

江戸時代からの老舗もあり、伝統の出汁と秘伝の調味料と
あんこうの融合が絶妙な店が揃っています。

スポンサーリンク


 

お値段は老舗もピンからキリまで。
相当な気合を入れなければ行けない店から、
気の合う友人と楽しめるお店まであるのは
店舗数の多い東京ならでは。

 

あんこうの名産地と言えば茨城県と初めとする
関東地方ですので、東京なら質の良いあんこうが
新鮮な状態で手に入りやすいのも
東京にあんこう鍋の店が並ぶ理由なのでしょう。

 

 

 

やっぱりあんこうの産地大洗であんこう鍋を食べたい!

東京にも美味しいあんこう鍋の店はたくさんありますが、
やはりあんこうの産地である茨城県は大洗町で
採れたてのあんこう鍋が楽しめたら最高ですよね。

 

名産地ですので、冬ならあんこう鍋を出してくれる店は
たくさんありそうですが、事前に調べてから行くといいですね。

あんこう鍋 大洗 時期

 

あんこうは大洗の観光資源でもありますので、
観光協会などがあんこう鍋を出してくれる
お店一覧を公表しています。

 

あんこう鍋以外にも、多彩なあんこう料理も楽しめるのも、
あんこうの産地大洗だからこそできるのでしょう。

 

また、大洗には昔から伝わる「供酢」というあんこうの食べ方もあります。
あんこうがまだ日本全国に流通する技術が発達する前に
漁師さんたちの間で食べられていた食べ方です。

 

あんこうの身や皮、肝などをお湯にさっとくぐらせ、
肝と酢味噌を合わせたタレを付けて食べる食べ方。

 

地元大洗の人達は、あんこう鍋よりも
供酢の方が馴染み深いようです。

 

大洗へきた時はぜひ供酢をお試しください。

 

 

 

自宅で楽しむあんこう鍋の作り方

自宅でももちろんあんこう鍋を楽しむことはできます。
他の鍋同様大変シンプルな作り方ですので、失敗はありません。

あんこう鍋 東京 の作り方

 

あんこう鍋の作り方のコツは、何と言っても、
余す所無くあんこうを使うこと。
身だけではなく、皮、ヒレ、肝も一緒に出汁で煮ましょう。

 

味付けは味噌でも醤油でもお好みで。
味噌は肝と一緒に溶くあんこう鍋の作り方もありますね。

 

あんこう鍋の作り方は、インターネットでも
たくさん公開されていますので、参考にしてくださいね。

 ⇒ 足元あったかで冬を乗り切ろう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ