喪中はがきのテンプレートやデザインが郵便局でできる?送る時期はいつ?

喪中はがきは、年賀状欠礼喪中はがきとも言います。

その名のとおり、家族が亡くなったために、
年賀状のやり取りをお断りするはがきです。
一般的に二親等以内の親類が亡くなった場合に
喪中はがきを出します。

喪中はがきを出す時期はいつなのでしょうか。
また、喪中はがきを作る時はどうすればいいのか悩みますよね。

デザインの面では、テンプレートを使えば簡単に作ることができますよ。
しかし、もっと簡単な方法が郵便局にあるとか…?

スポンサーリンク

喪中はがきを送る時期は?

喪中はがきを送る時期は、10月の終わりから
12月初め頃が良いとされています。
その時期に届けば、相手は年賀状の準備をせずに済みます。

喪中はがきのテンプレートやデザインが郵便局でできる?送る時期はいつ?

 

少なくとも、12月中旬までには相手に届くようにしてください。
12月中旬以降の時期ですと、相手がすでに年賀状を
投函している場合があります。

 

また、喪中はがきの文面には、必ず誰が亡くなったか、
送り主との続柄を明記しておきましょう。

 

⇒ 夏には残暑お見舞いを!

 

例えば 祖母(名前) 父(名前)などです。
亡くなった年も記載するもの一般的ですね。

場合によっては、亡くなった方、送り主との関係の他、
亡くなった月日も記載する場合があります。
迷った時は、マナー本やインターネットの例文集を参考にしましょう。

喪中はがき 時期

 

もし、やむを得ない事情で12月中旬以降の時期しか喪中はがきを
送れない場合は、松の内が明けてかた寒中見舞いとして送ります。

 

 

 

喪中はがきは郵便局で印刷できる?

一昔前までは、喪中はがきは通常のはがきに自分で印刷、
または印刷サービスに依頼しておりましたが、最近では
郵便局でも喪中はがきの印刷サービスを行っております。

喪中はがき 郵便局

 

郵便局のネットショップには、喪中はがきや他の季節のあいさつの
はがきの印刷サービスがあり、送る時期や文面のアドバイスも
記載されていますので、参考にしてください。

 

レイアウトもパソコンの画面上でできるので、好きなテンプレートや
イラストを使い、文面も自由に変更できます。

スポンサーリンク

 

ただ、宛名印刷まではできないので、届いてから自分で
印刷するか手書きしてから送りましょう。

 

 

 

喪中はがきのテンプレートやデザインはどうすれば?

喪中はがきは、暑中見舞いや年賀状のように
喪中はがきとして印刷されて販売されてはいないので
自分でテンプレートを見つけて印刷するか
印刷会社に注文するのが一般的です。

 

最近では、インターネットにフリー素材で多くの
テンプレートが公開されています。

喪中はがき テンプレート デザイン

 

薄墨調で、イラストも蓮や菊の花と言った仏花が
ワンポイントになったデザインが人気です。

 

喪中はがきは、家族が亡くなった欠礼はがきですので
あまり派手なデザインは避けた方が良いでしょう。

 

最近はかなり凝ったデザインの喪中はがきもありますが
ご年配の方はあまりいい気分ではないので
一般的なデザインで喪中はがきを作った方が無難です。

⇒ 夏には残暑お見舞いを!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ