夏バテ予防にオススメの食事は?症状が出る前に対策を!

夏バテの、だるさや食欲不振と言った症状はつらいですよね。
対策はあるのでしょうか。

また、夏バテ予防食事はどのようなものがあるのでしょうか…?

スポンサーリンク


夏バテの症状はどんなもの?

夏バテでよく挙げられる症状は、全身のだるさです。
よく寝たのに体がだるい、疲れが取れていない、と
感じた時は夏バテかもしれません。

夏バテ予防にオススメの食事は?症状が出る前に対策を!

 

原因は、熱帯夜による睡眠不足です。
エアコンはタイマー、氷枕やアイスノンなどの冷却材を
活用すると暑さでの寝苦しさは軽減します。
また、眠る前に30分から1時間ほどぬるめのお湯に浸かると
眠りが深くなります。

 

⇒ 登山も注意が必要ですね

 

食欲不振も夏バテの症状の1つです。
夏バテは自律神経の乱れからも起こります。
自律神経の乱れは消化器系の機能を低下させ、
結果食欲不振を引き起こします。

 

食欲不振になると、必要な栄養素やエネルギーが摂取できず、
倦怠感、夏風邪と言った症状も出てしまいます。

夏バテ 食事

 

規則正しい生活、少量でも良いので3食きちんと
食べることが大切です。
また、食事も野菜と質の良いタンパク質を中心にすると
疲労回復の効果があります。

 

暑いからと言って、冷たいものばかり口に入れるのは
夏バテを促進させてしまうでしょう。

 

 

 

夏バテの対策は?

夏バテの対策は、規則正しい生活をすること、
体を冷やし過ぎないことです。

スポンサーリンク


 

オフィスでは、冷房が効きすぎて夏バテになってしまう人も
少なくありません。
冷房の温度調節が難しい場合は、上着やブランケットを利用して
体温の温度調節しましょう。

 

食事も質の良い食事を取ることも効果的な夏バテ対策です。
よくスタミナをつけるために、濃く油っぽい肉料理を
たくさん食べる、と言われていますが、夏バテで弱っている胃に
油っぽい料理を無理に入れると余計にひどくなってしまう場合もあります。

 

食欲がない時は、温かい物、疲労回復効果のある酸味のある物、
消化に良い物などを少しずつで食べて体の調子を整えましょう。

夏バテ 症状 対策

 

そして、もう1つ大切な対策は睡眠です。
ぐっすり眠ること、つまり疲れた体を回復させることは
夏バテ対策には大切なことです。
ですが、暑い夜はなかなか寝付けません。

 

そういう時は、氷枕やアイスノンなどで頭を
冷やして寝るとより良く眠れます。
最近は、ひんやりと感じる敷きパッドや、枕もありますので
便利な快眠グッズを活用しましょう。

 

 

 

夏バテ予防の食事は?

夏バテには食事が大切。
夏バテ予防のレシピは、インターネットでも数多く公開されていますね。

夏バテ 予防

 

夏バテ予防に大切なのはビタミン、ミネラル、タンパク質。
食欲が落ちているかもしれませんが、少しでも栄養価の
高い食事を摂ることでも効果的です。

 

豚肉、ウナギ、大豆食品、オクラ、フルーツなどが効果があります。
夏の旬の食材は、基本的に夏バテ予防に適しているので
夏の素材を中心にした食事を摂りましょう。

 

お酒のつまみにも合うレシピも多いので、お酒を飲む時は
夏バテ予防になる食材を意識して注文しましょう。

⇒ 登山も注意が必要ですね

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ