タータンチェックスカートはスコットランド発祥で赤が定番!迷ったらオニールコーデで決まり!

秋冬のファッションはタータンチェックスカートで決まりですよね。
結構派手な赤いタータンチェックが多く出回っており、
コーデに悩んでしまうもの。

悩んだら、スコットランドの伝統を受け継ぎつつも現代のセンスと
融合したブランド、オニールオブダブリンをチェックです。

スポンサーリンク


タータンチェックスカートの発祥はスコットランド

タータンチェックスカートのタータンとは
スコットランド特有のチェック柄のことです。

 

男性が着ているのはタータンチェックスカートというのではなく、
キルトというタータン柄の布をピンやベルトで留めたのが
始まりと言われています。

タータンチェックスカートはスコットランド発祥で赤が定番!迷ったらオニールコーデで決まり!

 

スカート状のものもあれば、ズボン状になっていたキルトもあったとか。
独特のチェックと細かいプリーツが特徴です。

 

タータンチェックスカート以外にも、靴下や肩掛けなど多くの
スコットランド衣装や日用品にタータンチェックが施されています。

 

現在は儀礼的な式典やお祭りで身に着けています。

 

⇒ ランチボックスもおしゃれにしましょう!

 

タータンチェックと言っても、それぞれ格子模様が人や一族によって
違いがあり、団結の意味で同じタータンチェックを身につけていました。

タータンチェックスカート スコットランド

 

また、スコットランドでは身分によってタータンチェックに
使用できる色にも制限があり、農民などの低い身分の人たちは1色、
将校は2色、貴族は3色から4色、王族は7色と、身分が高いほど
カラフルなタータンチェックを身に着けることができたのです。

 

また、紫は王族にのみ許された色だったそうです。

 

 

 

タータンチェックスカートのブランドと言えば、オニールオブダブリン

オニールオブダブリンはタータンチェックの伝統をしっかりと
受け継ぎながらも、現代でも受け入れられるデザインの
タータンチェックスカートを多く販売しています。

スポンサーリンク


 

近代と伝統が絶妙に融合したオニールオブダブリンの
タータンチェックスカートは、世界各国で愛されています。

 

オニールオブダブリンのタータンチェックスカートで特徴的なのは、
飽きの来ない多彩なタータンチェックとプリーツ。

 

どちらも伝統あるタータンチェックスカートには欠かせない
要素ですが、プリーツの大きさや深さも様々で一括に
タータンチェックスカートと言ってもまったく違う表情を見せれくれます。

タータンチェックスカート コーデ オニール

 

同じデザインのタータンチェックスカートでも、色違いで何枚も
持っていたくなる、それがオニールオブダブリンのタータンチェックなのです。

 

 

 

赤いタータンチェックスカートのコーデはどうする?

タータンチェックスカート、タータンチェックのシャツ、
今は色々ありますよね。
どの世代になっても1つは持っておきたい、と思ってしまう愛される柄。

 

ですが、コーデに悩む人も少なくありません。

 

グレー系のシックな色合いは清楚系を思わせますし、
派手な赤のタータンチェックもコーデ次第でスタイリッシュに決められます。

タータンチェックスカート 赤

 

最近はデニムもトレンドですので、タータンチェックのシャツなら
デニムのボトム、タータンチェックスカートなら
デニムのシャツに合わせてもいいですね。

 

デニムなら、強い赤のタータンチェックでも合わせられます。

 

または、タータンチェックの色と同系色で合わせても。
赤のタータンチェックスカートなら赤系のシャツまたは小物が合います。

 

青系等のタータンチェックに真っ赤なベルトも
案外マッチしたりするものです。

 

肝心なのはシルエット。
女優やアイドルのコーデをチェックして
タータンチェックを着こなしてみましょう。

⇒ ランチボックスもおしゃれにしましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ